飲食店開業支援 ホーム > なぜ税理士に頼むの?

なぜ税理士に頼むの?

税理士に依頼するメリットとは?

経営者としてはできる限りコストをかけずに利益を上げたい、と考えるのが当然だと思います。
ではなぜ開業時から専門家のサポートを得た方が得策で、税理士に依頼する必要性があるのでしょうか?
ここでは、飲食店の開業支援を税理士に依頼すべき理由をご紹介します。



まず、開業時の資金調達を自己資金以外で集めようとする場合、銀行などからの融資を募る必要があります。「開業」という過去の売上実績が無い中でお金を出資してもらうということは、それだけしっかりとした売上予測やその根拠といった「経営計画」を提示する必要があります。銀行側が何を評価し、何を減点対象とするのか、そういった内情を把握した上で交渉に臨まなければ、融資をもらうのも難しいでしょう。数多の銀行にアプローチし、結局どこからも融資を得られなかった・・・なんてことにならないために。

次に、売上を上げると、必ず税務申告書(確定申告書)を提出しなければなりません。その作成には、「税法」の知識が必要になります。税法は非常に分かりにくい上、毎年のように税制改正でたびたび変わります。一般の方が税務申告書(確定申告書)を作成するのは、それだけ非常に骨の折れる作業なのです。本業に費やす時間は確実に減ります。その時間を節約し、本業に回すことで、売上の向上や会社発展の加速化につなげることができます。


毎月々早めに財務状況の確認を行い、今現在の税法に合わせて、合法的で効果的な節税を行うことにより、無駄な税金を払う必要がなくなります。

せっかく汗水たらして売上げた収益が、会計処理の工夫や税務処理の最適化をできなかったが故に、国や自治体に持って行かれ、残った利益は雀の涙・・・。これではわざわざ独立してお店を始めた甲斐がありません。お店にとって、税金は大きなコストです。仕入原価や人件費などと同様、合法的な節税対策を行い、しっかり利益を確保しましょう。税理士事務所はあなたのお店に合わせた納税シミュレーションや、決算直前の節税対策など、総合的な節税対策をご提案します。


営業利益率や原価率、従業員一人当たりの生産性など、数字は正直です。
他の同業他店と比較して何を改善すべきなのか、過去のお店の実績や未来の目標と比較して今何を実行すべきか、経営判断の様々な場面で、数字をもとにした的確な判断材料をご提供することができます。

同様に、数字やノウハウをベースに、あなたの夢を実現可能な目標へと落とし込む「経営計画」の作成から、各種の経営リスクに対するリスクマネジメントなど、あなたの事業がうまくいくよう、分かり易く丁寧にサポートします。