ラーメン店の方へ

ラーメン店で成功するために

修業を積み、いざ自分の暖簾を掲げるステージへと進まれたあなたへ。
開店前に是非知っておいて頂きたいことがあります。

自分の人生を費やして技に磨きをかけ、苦労して貯めたお金をはたきようやく独立したのに、夢半ばで挫折してしまう方が後を絶たないからです。
あなたには是非、繁盛店への階段をしっかりと歩んで欲しい、そんな願いこめて、お店を始めるにあたっての3つの重要ステップを以下に記します。

STEP1  業界の現状

そば・うどんと並ぶ”国民食”

男性を中心に、年齢を問わず愛される国民食となったラーメン。テレビや雑誌でも頻繁に特集が組まれ、根強い人気があります。また、全国各地にご当地ラーメンが存在し、今では評判のラーメン店とメーカーがタイアップしたカップラーメンも登場しています。一方で、人気のお店と閑古鳥が鳴いているお店の二極化も進んでおり、味や独自性などが重要な要素となっています。

● 2010年の家計のラーメンに対する年間支出金額は5,950円で前年度費105.9%
 都市別の中華そばへの年間支出金額は、名古屋市8,046円、岐阜市5,039円
 ラーメン店の個人市場規模の推計は9,870円
 2011年の全国のラーメン店登録件数は34,072件で、愛知県は1,487件、岐阜県は487件
 2010年の推計市場規模は1店舗当たり3,690万円

(参照:総務省「家計調査年報(平成22年)総世帯」、NTT番号情報株式会社「iタウンページ」、財団法人食の安全・安心財団「外食産業市場規模」)

STEP2  繁盛店を目指す5P戦略

【Price価格】 こだわりと「味」次第で高単価も可能

他の人には真似できない麺やスープ、具へのこだわりと、それによって生み出された「至高の味」次第で、高単価でも行列をなすお店が存在しています。

【Product商品】 ブランドか、独自性か

ご当地ラーメンや、家系ラーメン、大手FC加盟店など、既にブランドの確立されたラーメンで、そのファンを集めていくのか、それとも、あなた独自のこだわりぬいたラーメンで勝負するのか。頻繁に来店してくれるコアなファンを生み出す「味」がやはり決め手となります。

【Place場所・流通】 学生街、繁華街、大通り沿いなど

学生街であれば低価格や量で、繁華街であれば豊富なメニュー・サイドメニューで、大通り沿いでは駐車場や営業時間で、など場所に附随した顧客ターゲットに応じて、戦略を立てるとことが大事です。

【Promotion販促】 口コミをしたくなる仕掛け

小さい店内でわざと外に行列を作ったり、今までのラーメン店の概念を覆すシステムで話題を生み出したり、限定や杯数制限で希少性を高めたり、著名人の来店実績を掲げたり・・・など、味だけではなく、様々な工夫が口コミを誘発していきます。

Profit利益 仕入原価と利益のコントロール

利益をしっかり確保するには、販売価格と利益を設定した上で、その利益が確保できるような仕入れを行うことです。または、仕入先を決めた上で、仕入原価に一定の利益を加えて価格設定を行う方法もあります。

STEP3  ラーメン店の開業シミュレーション

数字はウソをつきません。
損益計算表(P/L)は一定期間(事業年度=1年間)にいくら儲かったかを教えてくれます。
経営上は、コストを抑えいかに経常利益を増やしていくかが重要となります。

変動費(原価)
原価率31.3%
 
売上高
固定費
(人件費、家賃、その他経費など)
人件費対売上高比率35.9%
売上総利益
(粗利益)

売上高総利益率69.7%
経常利益
売上高経常利益率2.3%
 
(引用:上記比率は中小企業リサーチセンター「小企業の経営指標2010」の「黒字かつ自己資本プラス企業」の数値を抜粋)


優良ラーメン店の経営指標 (営業利益率2.6%)

 【収益性】
  ・原価率31.3%
  ・人件費対売上高比率35.9%
  ・売上高営業利益率2.6%
  ・売上高経常利益率2.3%
 
 【生産性】

  ・従業者一人あたり売上高:1,319.3万円
  ・従業者一人あたり人件費:460.5万円
 
 【安全性】

  ・自己資本比率:16.8%
 
(引用:上記比率は中小企業リサーチセンター「小企業の経営指標2010」の「黒字かつ自己資本プラス企業」の数値を抜粋。)

※当ページの内容は大同生命社のページを参考としております。